上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月16日[土] 井上蒲鉾鎌倉駅前店 にて、第8回目の上映会が終了しました。

前日に引き続き、満員御礼の大盛況となりました!

井上蒲鉾 窓からの風景
【会場からの写真。鎌倉駅前交差点に面する、鎌倉の中心地にあります】


スクリーンの背景、窓ガラスには鶴岡八幡宮に続く若宮大路の光が借景となり、鎌倉という街のざわめきがバックミュージックに流れる、これまでにない上映会となりました。

前日に続いて満員御礼となりましたが、また鎌倉市外からのお客様も多く、単に“鎌倉”という土地のみに限定した話題の映画ではなくて、観る人ひとりひとりの「原(幻)風景」に訴えかける映画として捉えられたという感想が少なくありませんでした。

井上蒲鉾 上映中
【取材した人力車の車夫、清水さん(画面)。今回、観客として御来場され、アフタートークにも加わって頂きました】


口コミや新聞などのメディアに掲載された影響もあってか、上映準備中に外を歩いている際にも声をかけられたり、また偶然にチラシやポスターを見て御来場される方も少なくなく、今回の鎌倉巡回上映会が自分達が想像していたよりも大きな渦を巻いて、高まりを増してるのを肌で感じる最近です。

定員を設けておりますが、基本的に入場制限は行いたくない方針です。
しかし万一のことも御座いますので、御来場予定のお客様は、どうぞ開場時間までに足を運ばれますようお願い申し上げます。


10月15日[金] ドルチェ ファール ニエンテ にて第7回目の上映会、終了しました!

ドルチェ表


今回の上映会では、取材した古民家のあった場所から最も近い会場。

というよりも、その古民家に在住してらした景山氏ご一家のお気に入りのお店で、カウンターのある素敵な雰囲気のイタリアン・BAR(バール)。

ドルチェ 看板

また小町通り沿いということもあってか、鎌倉市外からの御来場者も多く、たまたまチラシや新聞で掲載された記事などを見て、足を運ばれたという方もいらっしゃって、さまざまな年齢層、客層の方に観ていただきました。


上映後には、お食事やデザートと共に(ホントに美味しい!!)、お客様との感想会。

アットホームな雰囲気の中、素敵な御感想や意見、また映画を観て思い起こしたお客様の“原風景”など、賑やかに言葉が飛び交いました。


ドルチェ 上映中
今回、いくつかお問合せがある件ですが、今回の上映会に関しまして、開催の都合上、お席の予約、整理番号札の配布等は行っておりません。
全席自由席で、当日足を運ばれた順での入場となります。

ですが、以下の2会場については、お食事される場合のご予約をお願いしております。

●15[金] ドルチェ ファール ニアンテ
●20[水] ソンべカフェ


上映会事務局の不手際で、分かりにくい旨がありますことをお詫び申し上げます。

その他、お問合せに関しては、

TEL: 080-5648-8177
MAIL: genfukei.movie@gmail.com

まで、よろしくお願い致します。
10月10日[月] 鎌倉生涯学習センターホール にて、第6回目の上映会が終了しました。

鎌倉巡回上映会の中で、最も大きい会場ということもあり、百名を超えるお客様に御来場いただき盛況となりました。

ホールという、今回は映画そのものの内容に深くのめり込める環境での上映で、上映会でお配りしたアンケートだけではなく、後日さっそく様々な感想をメール等でも頂き、スタッフ一同大変嬉しく思っております。

上映会後には、出演者の太田緑ロランス(俳優)氏、景山健(美術作家)氏、太田泰人(神奈川県立近代美術館普及課長)氏、佐藤孝俊(地域活性化コンサルタント)氏を交えたトークイベントも開催されました。

今回初めて観客として映画を観たという太田緑ロランス氏のエピソードや、景山健氏や太田泰人氏による鎌倉という街に対する想いなど、短い時間ながら興味深いお話が交わされました。

生涯学習 看板


鎌倉巡回上映会も前半戦が終了し、今週末15[金] ドルチェ ファール ニエンテ (18:30-) での上映会を含め、残り6回を数えました。

上映会事務局の推定では、

10月16日[土] 井上蒲鉾鎌倉駅前店(18:00-)
10月23日[土] 材木座公会堂(14:00-)
11月3日[水] 附属鎌倉小学校(15:00-)

の会場が、現在比較的お席に余裕がある状況になっております。

その他、疑問や質問等がございましたら、お気軽にお問合せください。


二度、三度と足を運ばれるリピーターの方もいらっしゃって、回を重ねるにつれ、徐々に盛り上がりが増していっております。

残り6回です、どうぞお見逃しなく!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。